でれすけ日記

エレクトーンをぼちぼち練習しつつ、とりとめのない1日を文章でまとめたものの、結局支離滅裂な日記たち。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*09*04 Sun
23:21

サービスと営業


私はバイト先でよく怒られる。

理由は分かってるねん。自分の役割は、あくまでも「良質なサービス提供」って考えてるのが悪いねん。


例えば、お料理をお客さんの所へ出しに行ったら、コップにお水が半分しか残ってない。そしたら私は、「今から食べ終わるまでに水飲みきってしまうやろなー。注いでおいたほうがいいかなー」って思って、すぐさまお水を注ぎにいく。でも、店側には、「水ばっかり注いだら、アフターのドリンクが出なくなるから、空になるまで待っとけ」って言う。

もちろん、その理屈も分かる。経営者としての理屈も分かる。少しでも注文数を増やしたいっていうのも分かるし、珈琲が美味しいのもデザートが豊富なんも知ってる。でも、その経営者の目線を、バイトの私に持たせるっていうのは、ちょっと無理があるんと違うの?って思うねん。

別に私も最初っから2杯も3杯も注いでないやん。今からステーキ食べようとしてはるねんで?せやのにコップに水が半分もないねんで?注いであげたほうが、ご飯食べやすいやん。私は私なりに、目の前のお客さんに、どうやったら気持ちよくご飯食べてもらえるかなって考えて動いてるつもりやねん。せやのに、「食後にコーヒーとれ」やの「向こうが何か言うまで待っとけ」やの、経営理論とサービス業のギャップがあるねん。



他には、作業服着たお兄ちゃんが1人で喫茶店に入ってくるやん?そしたら、店の中に若い女の子ばっかりで、もちろんテーブル席も空いてたけど、「え・・・、どこに座ろう」って明らかに戸惑って立ち止まってん。せやから、「カウンターもありますよ」って声をかけたら、「あ、じゃあカウンターで」って座ってん。
そしたら、「お前、なんでカウンターに案内したんや」って注意された。「1人やったし、女の人ばっかりの中で食べるのも居心地悪いと思って・・・」って答えたら、「外から見える窓際の席に案内しろ」って怒られた。「なんでですか?」って聞いたら、外から見たときに少しでもお客さんがたくさん入ってるように見せかけたいから、とか、カウンターの中は自分らの仕事スペースやから見られたくない、とか、そんなん店側の都合やん。


私も別に何にも考えんと仕事してるわけちゃうし、自分なりに「サービス第一」って考えて動いてるつもりやねん。「どうやったら気持ちよく食べてもらえるかな」とか「気持ちのいい笑顔で接客しよう」とか「また来たいって思ってもらおう」って、そう考えて仕事してるねん。

それを「どのタイミングでお皿を下げたらアフタードリンクの注文が取れるか」とか「お水を注ぎに行く回数が多すぎる」とかばっかり注意されて、「営業第一」で接客しろって言われたら、私にはできひん。そんなん社員でも雇って研修でもしたらいいやん。私は自給800円程度のバイトやねん。もっと正直に言うと、そこまでお店の経営に係わる義理ないねん。経営者の視点も大事やけど、私らはあくまでもバイトやってことを覚えておいてほしい。
むしろ、私らが営業なんかせんくても、ホンマに美味しい店は流行るし、居心地のいい場所やったら、必然的にお客さんも来ます。バイトがどうこう言う前に、結局料理と雰囲気が、喫茶店のいちばん大事な部分じゃないのって思う



いや、かなり愚痴るけど、ホンマ溜まってるねん。

私は今まで「言われる前に先に気付く」っていう訓練をしてきてん。「○○さん」って上司に声をかけられた瞬間に、「はい、コピーですね」「はい、FAXですね」「はい、コーヒーですね」って受け答えできるように、3年間職場で鍛えられたわけよ。せやから、どうしても「あっ、お水がない」「あっ、おしぼりがもうソースでぐちゃぐちゃ」「あっ、食べ終わった後のお皿が邪魔そう」って思ったら、動いてしまうねん。物覚えは悪いけど、そういうところはちゃんと見てるつもりやねん。
せやのに、「水ばっかり飲ませたら、アフタードリンクが取られへん」「おしぼりは1人1枚でいい」「アフターの注文が取れそうなタイミングで皿を下げにいけ。それまでほっといたらいい」っていちいち注意されたら、私ももう本当に泣きたくなる。

今日も注意されて、思わず「はい?」って聞き返したわ。最後まで納得できんかって、一方的な説明が終わっても、うんともすんとも言われへんかった。



なんていうかなあ、経営者の考え方ややり方をここまで強いられると、なんか私って金儲けの道具って考えられてるんやなって思ってしまって、あんまり周りにオススメできんくなるよね。素直に売り上げに貢献できんっていうか。お客様は神様やろー!お店に来ていただけるだけでありがたいやろー!って言いたい。




まあね、私は商売人じゃないから、サービスがうんたらかんたらっていう悠長なことを言えるんやろうけどね。

とにかく、愚痴愚痴してしまいました。もういろいろ限界。正直自信ないです。




音符のクリップ、かわいいでっしゃろ

IMG_0350.jpg

これを眺めてはニヤニヤするのが、最近の私の日課です。
たまに可愛い音符のシールや雑貨を見つけると、めっちゃテンションあがるねん。


些細なことでテンション上げていかんと、もうどうしようもないわな(´・ω・`)
スポンサーサイト
*
○2011/09/05○
なるほど、僕もミナちゃんのおっしゃる通りだと思いますよv-218

コーヒーの注文なんかは食事する前から飲むなら決めてるし、タイミングで注文するものじゃないのが、消費者の本音です。

店員さんに何も言わずともお水を足してもらえるのは、非常にありがたいです!
もしそうでないなら、自分の場合は、サービス悪いな~この店となります。

お店の雰囲気は抜群でしたけどあの時間に行ってどうして誰もお客さんが居なかったのか!?不思議でしたけど、
やっとその意味がわかりました。

お店の雰囲気と食事は最高なのに。。。

・・・。。。

いやはや、勿体無い。。。


ミナちゃんは間違えてないですよ、自信持ってくださいね(*´ω`*)

ただ経営者に雇われてる身となれば、続けたければ残念ながらいうことを聞かなければならぬのも、コレまた宿命。。

[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

mina

Author:mina
エレクトーンをちまちま練習しつつ、看護学を勉強している専門学生です。たまにyoutubeに、エレクトーン演奏したけど結局演奏できていない動画を上げています。

youtube:m37ify
twitter:m37ify

Twitter
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。